ズートピア

 鬼嫁猫は擬人化された動物が困難を克服する系の映画(例:ディズニー映画)を見たがる。動物達が苦労している様を、コーラとポテトチップスを片手にゲラゲラと笑って見るのである。端から見ていると地獄絵図であるが、本人はひどく楽しそうである。

 先日は「ズートピア」という映画を見た。ウサギがきつねと協力して調子に乗っている羊に鉄槌をくらわすという物語である。一般には、「子供用アニメと見せかけて、実はアメリカ社会を風刺したとても深い作品なんですよ。」と評されているらしいが、鬼嫁猫としては、そんなことはさておき、あれだけ多くの動物が登場していながら「猫が登場していない」ということがひっかかったようであった。

 なるほど鬼嫁猫は、猫の一味として、人間にも動物にもなれないという猫の悲哀を感じたのかもしれないなどと感心し、「おそらく猫は人間サイドの動物ということで登場していないのでは?」と意見した。

 すると、「ちゃう。猫が出てしまうとどうしても主役級になってしまうから登場していないんや。猫は他の動物とは格が違うから脇役にはできひん。」と返ってきた。どこまでも自分が好きなやつである。

 「しかし、百獣の王ライオンは出ている。」というと、「ライオンはでかいだけで、人気でいえば猫が圧倒的や。次が犬や。犬はあともう少し。」という。

 ライオンも同じネコ科の仲間であるのに「でかいだけ」とはライオンにあまりに失礼である。また、犬はおそらく動物界随一の人気者と自負しているものと思われ、それには一定の合理性もある。自意識過剰ではない。

 それでも鬼嫁猫は「猫にまつわる映画はよく作られているけど、ライオンにまつわる映画はライオンキングくらいや」という。

 「一つであっても、ライオンキングは相当インパクトあるぞ。大体、犬の映画はいっぱいある。猫よりあるかもしれん。」というと、「でも子犬と子猫では子猫の方がかわいい。」という。

 偏見である。子犬もかわいい。ちなみにライオンの子どももすごいかわいい。

 「なんで子猫の方がかわいいんや?」と聞くと、「うるせー(にゃ)」と猫パンチを繰り出してきた。こんなヘボパンチ、かつてボクササイズをやっていた私には全てお見通しであり、これをかわすことができた。しかし、カウンターパンチはしない。真に強い者は、非暴力不服従なのである。